プロフィール

鈴木 ひろ美(すずき ひろみ)
ラブキモノ刺繍 オーナー

ミシン刺しゅうを通じて“ハンドメイド好き”を応援する
ミシン刺しゅうプロデューサー

大阪府出身。
曽祖父が呉服屋、祖父が草履の鼻緒職人で、幼少期より色合せや柄合わせの奥深さを見て育つ。

イギリスの大学Swansea Metropolitan Universityグラフィックデザイン学科卒業(学士号取得)
在学中、デザインコンペで企画力の高さが評価されBronze賞を受賞
留学中はイギリス、イタリア、フランス、ベルギー、スイス、フィンランドを訪れ、生き方やデザインセンスなど多様性に触れ感性を養う。

帰国後、広告会社に勤務。
当時日本唯一であったミシン刺繍データー教室の畔柳悦子氏に師事。

2018年、日本初となる商用利用可能な刺繍データー購入オンラインサイトをオープン
刺繍糸の美しさを引き出す凹凸感や、初心者でも困らないよう糸切りが起こらない刺繍データー制作に定評がある。
顧客がミシンを買い替えても、刺繍ミシンメーカーを問わず刺繍できるように7つの拡張子を常にセットで販売する、細やかな配慮で人気を博す

オープンからわずか4年で1500セットがダウンロードされる。
動物・生き物系350種類、植物系300種類、ファッション雑貨230種類、乗り物系120種類、文字350種類、季節150種類など豊富なラインナップを取り揃える。

雑貨販売の作家やハンドメイド愛好家から「高品質の刺繍で作品がグレードアップできた」「私の作品を楽しみにしてくださる方が増えた」「即売品としてありがたく使わせて頂いている」など喜びの声が届く。

刺繍ミシンを買ったのに使いこなせないという声を受け、ミシン刺しゅうに関する情報発信に精力的に取り組む。

ラブキモノ刺繍公式HPでは「教えてミシン刺繍」などのカテゴリを含め、全500以上の記事を公開。

2020年よりYouTubeでチュートリアル動画の配信をスタート。
また、2021年より日曜の朝7時半から30分間YouTubeライブ「ミシン刺繍あれこれ雑談」を開始。

ライブ配信では、ミシン刺繍の楽しみ方を視聴者と双方向で対話する。
ニッチな分野でありながら毎回70名が参加するなど大好評。

また、ハンドメイドを正当な価格で販売するために必要な商品の見せ方にも手腕を発揮。
刺繍サンプルは常にスタイリングして撮影を行う。

「自分の好きを信じよう!」という理念のもと、多くの人の可能性を引き出すことができる、ミシン刺しゅうの世界を広める活動に使命をもやす

多様性をテーマとした作品も多く、良質な刺繍データーが世界で受け入れられるよう奔走中。
将来は志を同じくする仲間たちが、日本をはじめ世界中から集う「ミシン刺繍の聖地」を名古屋に作るべく、日夜活動している。